投資を始めるときの元本はあぶく銭がいいということはだれもが分かっています

投資を始めるときの元本はあぶく銭がいいということはだれもが分かっています。

しかし、初めからあぶく銭を持っている人というのは本当に限られた人だと思います。

私も始めて投資したお金はアルバイトで貯めたお金で投資を始めました。

ただ、投資を始めた当時は私が学生だったので、そのお金を失うと生活ができないとかそういう大切なものではなく、ただ手元にある現金で株式を購入しただけなので、気分的にはあぶく銭とさしてかわらなかったのかもしれません。

それに、私はそんな昔のことなど覚えていませんし、投資した金額以上に利益も出て、すでに元本は回収しているので気楽でいられるのかもしれません。

つまり、私の今投資しているお金とは所詮は全て余裕資金なのです。

この「余裕資金」というのは本当に強いですよ。なぜならば、もし今もている株式の価値がゼロになったとしてもそれによって私は全く困らないからです。

このような精神状態で投資ができると強く相場を張ることができるので自分の思った通りに相場を張ることができます。ミュゼ 100円 キャンペーン 予約

人間にとって水は生命の源だと分かっているはずなのですが

普段、水分補給に何を飲んでいますか?

男性は体重の約60%、女性は約55%、新生児に至っては、なんと約80%が水分です。

体内の水分が2%失われると運動機能の低下が始まり、5%を超えると脱水症状が現われ、10%を超えると生命に危機がおよび、20%を超えると死に至ります。

このことからも分かるとおり、人間にとって水分は生命の源なのです。

水分は腸で吸収され体液となり、体を循環しながら、栄養を運んだり、老廃物を排出したりして、生命を維持しています。

1日約2,5?の水分が尿・便・汗・呼吸により体外へ自然排泄されるので、失われた水分をその都度補い、体内の水分バランスを保たなければなりません。

1日約1?を食物中から、約1.2?を飲料で水分補給する必要があります。

大切な水分補給ですが、私の周りでは水道水は直接口にしないと言う人が大多数です。

私自身もうがいや歯磨きの時を除いて、水道水を直接口にする事はなくなっています。

昔は公園や学校の水道水をガブガブ飲んでいましたが、いつしか消毒液のにおいが気になるようになり、また家庭用浄水器の普及や様々な飲料水が簡単に手に入るようになったこともあって、水道水は直接飲まないものと言う考えに変わっていきました。

水質汚染の主な原因は、私たちの生活廃水によるものだそうです。

水道水が塩素くさいのは私たちが水を汚したツケなのです。

私たちは蛇口をひねれば直接飲める水が出る、このありがたみを再確認すべきなのです。

浄水技術の低い国では、水道水を直接飲むことは自殺行為に等しいと言っても大げさではありませんし、水道設備が整っていない国もまだまだたくさんあるのです。

人間は水がなければ生きられないことを肝に銘じ、まずは水を汚さない生活からもう一度よく考える必要があると思います。カードローン 返済 コツ