西日本豪雨の被害の全容が徐々に明らかになって来ているというところでしょうか…

西日本豪雨による農林漁業の被害額は約1200億円にも上る事が分かりました。

しかしながらこれは現時点で判明しているものに限られていますので、今後調査が進展すれば更に被害金額が大きくなるのは間違いなさそうです。

そして今後出荷する予定だった作物などが出荷出来ない事態になっていたりするので食料価格が上昇するなどして日本全体の負担としてのしかかるのでしょう。

しかし作物に関してはあまり長期で保管するのは難しそうですし先に作り置きも出来ません。

とはいえこういった被害が出た時の為にバックアップの畑などで作物を作れば済むという話でもありません。

たぶん正直言って困ったとしか言いようがない状態ですよね…

兎にも角にも国を挙げて被害に遭った地域の復興や生活の支援をしていくしかないと思います。

愛媛のみかんの出荷量も減りそうとの事なので冬にもちょっとした異変が出るかもしれません。

しかしこういう場合は食べて支援するという方法が取りにくいので被害地域以外の食料を買う機会がいつもより多くなってしまいますよね…

なんだか複雑ですね…

被害地域は直接の被害で損失があり、更にその片付けや復興に手を取られて収入が落ち、復興の為のお金も稼ぎにくいという…

たぶんどうしてもそうなりますよね…

やっぱり備えは大事です…脱毛 化粧